最重要ICO「mine coin(マインコイン)」のロードマップ・詳細について紹介|暗号通貨通信~取引所の違い~

最重要ICO「mine coin(マインコイン)」のロードマップ・詳細について紹介|暗号通貨通信~取引所の違い~

 

前ご紹介した仮想コイン「mine coin(マインコイン)」を今回はより深い内容でお話したいと思います。

 

f:id:masakinishimura:20180510104508j:plain


最重要ICO「mine coin(マインコイン)」概要説明

 

mine(マイン)というのは「仮想コインがもっと広く市場で使われるように」という目的で始まったプロジェクトで、その通貨名をmine coin(マインコイン)呼びます。

詳しくはこちらのWebページもご覧ください。

angotsuka-trade.hatenablog.com

 

最重要ICO「mine coin(マインコイン)」のホワイトペーパー公開


ホワイトペーパーの詳細や情報についてお話して行きます。

あとマインコインについてはこちらの動画でも分かりやすく説明しているのでお勧めです。

youtu.be




また、前回お話したmine(マイン)を中心に構築された世界「マイニング経済圏」を作り上げるのに必要な要素である、マイニングファームとmine wallet(マイン ウォレット)についてもお話していきます。

 

mine wallet(マイン ウォレット)の詳細

mine wallet(マイン ウォレット)に最低24時間継続して保管する決まりになっていますが、不正など無く保管しておけばmineトーク保有枚数に応じてマイニングされた仮想通貨を配当として受取れます。

mine wallet対応通貨は下記の5種類で、今後スマホでも手軽に残高を確認できるアプリを開発予定だそうです。

 

  • mine
  • ETH
  • XRP
  • ADA
  • BTC

マイニングファームについて

仮想通貨をマイニングするためには工場の様な施設が必要となります、そのための膨大な設備が"マイニングファーム"です。

mine(マイン)は、ICOで収集した資金を元にマイニングファームを1から建築するのではなく、中国ウルグイ自治体と内モンゴルでマイニング事業を稼働している工場を所持しています。こうして設置されたマイニングマシンは最新のGPUを搭載し、イーサリアム(ETH)のマイニングを行うことで月利8~25%の収益を確保しています。

mineのマイニングファームの内部の様子をYoutuberのRaphaelラファエルさんが動画で紹介しています。

youtu.be


最重要ICO「mine coin(マインコイン)」の意外なシステム

 

mine(マイン)は仮想通貨上場に必須とも言えるデビットカードの発行のため、ロコモ諸島の銀行と提携完了し、カード発行のためのライセンスを正式に取得しています。

中国で初めて認可されたマイニング工場で、マイニングとは仮想通貨の売買取引を記録する仕事であり、複雑な計算と膨大な情報管理量が必要なためコンピューター等の設備も膨大になります。

そのため工場とも呼べる設備になり、その経緯を経てようやく始められる事業となります。

そして売買取引を記録する事でまだ発行されていない仮想通貨を得られるので、『採掘=マイニング』と呼ばれています。

と、このように先述した通りmine coin(マインコイン)はイーサリアム(ETH)のマイニングによって月利8~25%の実績もあり、"ICO(イニシャル・コイン・オファリング)で資金集めをするに当たり、非常に信用度が高い"と信頼されてるようです。

 

最重要ICO「mine coin(マインコイン)」ロードマップ

 

ロードマップは下記の通りになります。

f:id:masakinishimura:20180523100432j:plain

 

最重要ICO「mine coin(マインコイン)」まとめ

f:id:masakinishimura:20180523100551j:plain


マイニング工場は、関係者以外はなかなか内部を公開しない精密機器で溢れた工場です。
今回ご紹介した動画はとても分かりやすく説明されておりご興味のある方は是非見ておいては如何でしょうか。

これからもmine coin(マインコイン)の最新情報など盛りだくさんでご紹介して行きますのでご期待下さい!!