暗号通貨業界最新情報!取引所「Xtheta」の情報は?|暗号通貨通信~取引所の違い~

暗号通貨業界最新情報!取引所「Xtheta」の情報は?|暗号通貨通信~取引所の違い~

 

最近は、暗号通貨取引所のトラブルも相次ぎ、不安の声が上がっています。

取引所選びも慎重にならざる負えないですよね。

暗号通貨業界の最新情報に合わせて良い取引所はどこか?を書いていきたいと思います。

 

f:id:masakinishimura:20180208224943j:plain

 

暗号通貨業界最新情報

先日またもや、金融庁からみなし仮想通貨交換業者3社に対し行政処分が下りました。

金融庁の発表によると、FSHOは3月に受けた業務改善命令を実行しておらず、6月7日まで仮想通貨交換業にかかわる全ての業務停止を命じられました。

システムリスク管理体制構築などについては業務改善命令が出されました。

エターナルリンクは代表取締役が利用者から預かった金銭を、なんと経費の支払いに充てるなど適正な業務運営がされていなかったため、6月5日までの業務停止と業務改善が命じられました。

LastRootsも業務改善命令を受けました。

 

みなし業者は、金融庁に登録申請をして認可を待ちながら事業を継続する仮想通貨交換業者で、16社が承認されています。

金融庁が3月に行った行政処分の対象となった7社のうち5社はみなし業者でした。

金融庁は、今年1月にコインチェックから約580億円相当(当時)の仮想通貨「NEM」が流出したのを受けて、全ての仮想通貨交換業者にシステムリスク管理体制に関する報告を命じるなど、監督を強化しているようです。

 

金融庁の審査を通じて十分な管理体制を構築できないと判断したみなし業者6社がすでに正式業者としての登録申請を取り下げる意向を示しているようで、安全にサービスを提供できる業者の選別が進んでいます。

 

一連の監督強化のきっかけとなったコインチェックは、ネット証券大手のマネックスグループに全株を売却することを発表。マネックスから社長を迎えてセキュリティ強化やガバナンスの再構築を急いでます。

 

またもや業務改善命令と、金融庁も厳しくなってます。では、どこの取引所がいいのか?オススメを紹介します。

 

オススメ取引所「Xtheta(シータ)」とは?

 

Xthetaは2017年開始と比較的新しい取引所で、他の取引所では考えられないサービスを提供しています。

詳しくはこちらをご参考ください。

angotsuka-trade.hatenablog.com

 

Xtheta(シータ)オススメの理由

 

Xthetaをオススメする理由は、セキュリティの高さです。

  • SSLによるフィッシング対策
  • 本人確認プロセスの厳格化
  • システムコントロールの分離管理
  • 二段階認証
  • コールドウォレット管理

などなど

実に充実したセキュリティ体制を整えています。

さらに、SSLによるフィッシング対策では、SSL証明書は、国際規準の「Web Trust認定」を取得しているのでそこも大きなポイントですね。

f:id:masakinishimura:20180329193749j:plain

暗号通貨業界最新情報まとめ

 

今回も不安が高まるような情報でしたが、Xthetaは十分なセキュリティを整えているので安心して取引できます。

安心面を求めるのであれば、Xthetaをお勧めします。