知らないと危険!コインチェックはなぜハッキングされた?Xthetaは大丈夫!?

知らないと危険!コインチェックはなぜハッキングされた?Xthetaは大丈夫!?

f:id:masakinishimura:20180218150513j:plain

先月、仮想通貨の大手取引所Coincheck(コインチェック)が、仮想通貨NEMネム)がハッキングにより約580億円相当が流出した問題ありました。

 

調べると、 日本時間2018年1月26日に計11回、総額5億2630万10XEMがNC4と始まるアドレスに送金されており、NC4から9つのアカウントに送金されていることも判明し全体で11アカウントが、不正送金となんらかの関連があるとみられているようです。

 

今回の事件においてなん億もの大損をしたユーザーも中にはいるでしょう。

流出した金額は全額戻すとコインチェックは言っていますが、その間資金を運用できなかった点も踏まえるとその損金は計り知れません。

 

ではなぜこのような事件が起きたのか?

実は、メジャーな取引所の中でコインチェックは金融庁からの正式な認定・登録をしていなかったのです。また、セキュリティが甘いことを認識しながらも手が回っていなかったことが明らかとなりました。

 

そのことから金融庁から認定を受けていた場合、適用された保険も対象外となり、大変な騒ぎになりました。

 

今後も仮想通貨取引所として活動していくことを発表していますが信用が一番の取引所において今回の事件は非常に大きな影響を及ぼすでしょう。

 

 

そして、このブログの記事にも書きましたが今注目を浴びているXtheta(シータ)は金融庁の正式な認定を受けています。万が一何かあった際の保険等はおそらく心配はなさそうですが、何より、流出が起きないのが一番

シータのそのあたりのセキュリティ面はまた後日、情報を集めてからお伝えしていきます。